CData JDBC Driver for JSON 2019J - Online Help

api:break

CData JDBC Driver for JSON 2019J - Build 19.0.7354

api:break キーワードは、api:call、もしくはapi:enum の反復を終了するために使われます。他のAPI Script キーワードのスコープ外で使われた場合には、スクリプト全体を終了するために使うこともできます。

パラメータ

None

アトリビュートの制御

None

サンプル

api:enum から出る。次の例では、foo アイテムの最初の2つのアトリビュートをリストします:

<api:set attr="foo.attr1" value="value1"/>
<api:set attr="foo.attr2" value="value2"/>
<api:set attr="foo.attr3" value="value3"/>

<api:enum item="foo">
[_index]: [_attr] has the value [_value]. 
<api:equals attr="_index" value="2"> 
<api:break/>
</api:equals>
</api:enum>

関連項目

  • api:continue:次のアイテムに続く。
  • api:enum:アイテムの値、リスト、レンジ、もしくは複数の値を持つアトリビュートをループする。
  • api:call:オペレーションにより返されたアイテムのループ。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0