CData JDBC Driver for JSON 2019J - Online Help

URI

CData JDBC Driver for JSON 2019J - Build 19.0.7354

このプロパティは、JSON リソースロケーションのURI を指定します。

データ型

string

デフォルト値

""

解説

URI プロパティを設定して、ファイルまたはストリームへのパスを指定します。 このプロパティは、DataSource プロパティへのエイリアスです。

複数のファイルを含めるために、URI のカンマ区切りのリストがサポートされています。複数ファイルのパースおよびマージに使用できる、より高度な機能については、高度な設定 を参照してください。

以下は、使用可能なデータソースのURI 形式の例です。

サービスプロバイダURI 形式
Local localPath/file.json

file://localPath/file.json

HTTP またはHTTPS http://remoteStream

https://remoteStream

Amazon S3 s3://remotePath/file.json
Google Drive gdrive://remotePath/file.json
Box box://remotePath/file.json
FTP またはFTPS ftp://server:port/remotePath/file.json

ftps://server:port/remotepath/file.json

接続文字列とクエリの例

以下は、JSON ファイルまたはストリームへの接続文字列の例です。接続について詳しくは、JSON データソースへの接続 を参照してください。

サービスプロバイダ URI 形式 接続例 クエリ例(folder1 にfile1.JSON が含まれているか、streamname1 がJSON ストリームである場合)
Local localPath

file://localPath/file.json

URI=C:\folder1\file.json; SELECT * FROM file1
HTTP またはHTTPS http://remoteStream

https://remoteStream

URI=http://www.host1.com/streamname1; SELECT * FROM streamedtable
Amazon S3 s3://bucket1/folder1/file.json URI=s3://bucket1/folder1/file.json; AWSAccessKey=token1; AWSSecretKey=secret1; Region=OHIO; SELECT * FROM file1
Azure Blob Storage azureblob://mycontainer/myblob/ URI=azureblob://mycontainer/myblob/; AzureAccount=myAccount; AzureAccessKey=myKey; SELECT * FROM file1
Google Drive gdrive://remotePath/file.json URI=gdrive://folder1/file.json;InitiateOAuth=GETANDREFRESH; SELECT * FROM file1
Box box://remotePath/file.json URI=box://folder1/file.json; InitiateOAuth=GETANDREFRESH; SELECT * FROM file1
FTP またはFTPS ftp://server:port/remotePath/file.json

ftps://server:port/remotepath/file.json

URI=ftps://localhost:990/folder1/file.json; User=user1; Password=password1; SELECT * FROM file1

以下も参照してください。

  • JSON データソースへの接続:認証後にJSON データモデリングを設定します。
  • 高度な設定:データモデリングの設定を微調整したり、ファイアウォールを介して接続したり、接続のトラブルシューティングを行います。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0