CData SSIS Components for Microsoft Project 2019J - Online Help

データモデル

CData SSIS Components for Microsoft Project 2019J - Build 19.0.7354

CData SSIS Components for Microsoft Project 2019J は、Microsoft Project エンティティをリレーショナルテーブルビュー、およびストアドプロシージャ にモデル化します。選択されたSchema に応じて、異なるテーブルが表示されます。

CSOM スキーマ との接続

CSOM スキーマ(デフォルト)が、フルCRUD 操作に使用できます。ただし、メタデータはあらかじめ定義されていて、カスタムフィールドは使用できません。

テーブル およびビュー は、CSOM API で使用可能なテーブルを示します。

OData スキーマ との接続

OData スキーマはデータの読み取りにのみ使用できます。しかし、実行時にメタデータを取得できるため、カスタムフィールドが含まれています。

コラボラティブクエリ処理

本製品 は、Microsoft Project にできるだけ多くのSELECT 構文処理をオフロードし、残りのクエリをインメモリで処理します。API の制限事項および要件については、このセクションで説明します。

本製品 がクライアントサイドのインメモリ処理でAPI 制限を回避する方法の詳細については、SupportEnhancedSQL を参照してください。

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャはデータソースのファンクションライクなインターフェースです。これらを使用して、データソース内の情報を検索、更新、および変更できます。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0