CData SSIS Components for Microsoft Project 2019J - Online Help

接続の確立

CData SSIS Components for Microsoft Project 2019J - Build 19.0.7354

Microsoft Project 接続マネージャーで接続

新しいMicrosoft Project 接続は、SSIS パッケージに簡単に追加できます。[接続マネージャー]ウィンドウ内を右クリックし、メニューから[新しい接続]を選択します。次に、[SSIS 接続マネージャーの追加]ウィンドウから[Microsoft Project 接続マネージャー]を選択します。

または、Microsoft Project 変換元またはMicrosoft Project 変換先を使用して、新しい接続を直接作成できます。[Microsoft Project 接続マネージャー]ウィンドウでは、プロパティを設定できます。

Microsoft Project への接続

接続するには、URL を有効なMicrosoft Project Web App のURL に設定する必要があります。次に例を示します。

http://contoso.com/sites/pwa/
さらに、Schema を設定して基底のAPI:CSOM またはODATA を選択します。CSOM API は挿入、更新、および削除を実行できますが、スキーマが固定されていてカスタムフィールドは使用できません。OData API は、データの読み取りにのみ使用可能ですが、スキーマが動的に読み取られ、カスタムフィールドが使用できます。

各API で使用可能な機能については、データモデル を参照してください。

Project Online への認証

Office 365 のMicrosoft Project に接続するには、UserPassword をログインに使用するクレデンシャルに設定します。例えば、Microsoft Online Services アカウントのクレデンシャルです。

次のSSO(シングルサインオン)アイデンティティプロバイダーもサポートされています:Azure Active Directory、OneLogin、およびOKTA。

  • SSO

    SharePoint Online でSSO を有効化している場合には、User およびPassword に加えて、UseSSO をtrue に設定します。

    もしユーザーアカウントのドメインがアイデンティティプロバイダーに設定されたドメインと異なる場合には、SSODomain をアイデンティティプロバイダーで設定されたドメインに設定します。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0