Tableau Connector for MailChimp

Build 20.0.7712

カスタムSQL クエリの使用

場合によっては、MailChimp エンティティで利用可能なデータのサブセットだけが必要なことがあります。カスタムSQL クエリを使用して、このような任意のサブセットを定義することができます。

カスタムSQL クエリへの接続

MailChimp エンティティで利用可能なデータのサブセットからビジュアライゼーションを作成するには、独自のSQL クエリを作成する必要があります。以下のように行います:

  1. MailChimp に接続し、[データソース]タブに移動します。
  2. 左ペインで、[データベース]と[スキーマ]を選択します。
  3. 利用可能なテーブルの1つを選択する代わりに、[新しいカスタムSQL]ボタンをクリックします。
  4. クエリを入力するようプロンプトされます。ここで必要なフィルタ集計や結合を入力します。構文についてはSELECT ステートメント を参照してください。
  5. [OK]をクリックします。

カスタムSQLクエリが提供されているので、選択が通常のテーブルであるかのようにデータのビジュアライズ に進むことができます。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7712