ODBC Driver for Exchange

Build 20.0.7587

データのクエリ

接続 後、SQL ステートメントを実行して結果を取得できます。

SELECT プロシージャ

query メソッドを使って、ステートメントを実行できます。クエリ結果をバッチに分割して、各バッチに対して1回コールバックを呼び出します。行はオブジェクトのリストとしてコールバックに渡され、さらに多くの行が使用可能かどうかを示すフラグが付けられます。

db.open("...", (err) => {
    db.query("SELECT LastModifiedByName, GivenName FROM Contacts WHERE BusinessAddress_City = 'Raleigh'", (err, rows, moreRows) => {
        for (var i = 0; i < rows.length; i++) {
            var row = rows[i];
            console.log("LastModifiedByName = " + row["LastModifiedByName"]);
            console.log("GivenName = " + row["GivenName"]);
        }

        if (!moreRows) {
            console.log("All rows have been processed");
        }
    });
});

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587