ODBC Driver for Exchange

Build 20.0.7587

Groups

Groups table for Exchange data provider.

テーブル固有の情報

Groups には管理者権限が必要です。それらを使用するには、独自のカスタムOAuth アプリを作成して、適切なOAuthClientIdOAuthClientSecret を 設定する必要があります。このアプリでは、Group.Read.All とGroup.ReadWrite.All の権限をリクエストするように設定する必要があります。 これは、https://apps.dev.microsoft.com またはhttp://portal.azure.com の[App Registrations]パネルで設定できます。

Groups 権限を認可するには、管理者は組織全体に対してGroups のアクセス許可を付与する必要があります。これは、管理者の認可エンドポイントを 介して実行できます。管理者に次のWeb ページに移動して許可を与えさせるだけです。その後、通常通りにOAuth 認可を実行します。

https://login.microsoftonline.com/common/adminconsent?client_id=[YourClientId]&redirect_uri=http://localhost:33333

組織に複数のテナントがある場合は、url の/common/ をテナントのID に置き換えて、どのテナントに権限を付与するかを指定できます。

Select

すべてのグループを取得したり、GroupId (Id) を指定したり、あるいは特定のカラムでフィルタしたりします。

SELECT * FROM Groups
SELECT * FROM Groups WHERE Id = 'Group Id here'
SELECT Id, Description, DisplayName FROM Groups WHERE Name = 'test'

Insert

新しいSecurity Group を作成するには、以下が必要です。

INSERT INTO Groups (DisplayName, MailEnabled, MailNickname, SecurityEnabled) VALUES ('Test group', false, 'test', true)

Columns

Name Type ReadOnly Description
id [KEY] String False

deletedDateTime Datetime False

allowExternalSenders Bool False

assignedLicenses String False

autoSubscribeNewMembers Bool False

classification String False

createdDateTime Datetime False

description String False

displayName String False

groupTypes String False

hasMembersWithLicenseErrors Bool False

isArchived Bool False

isSubscribedByMail Bool False

licenseProcessingState_state String False

mail String False

mailEnabled Bool False

mailNickname String False

onPremisesLastSyncDateTime Datetime False

onPremisesProvisioningErrors String False

onPremisesSecurityIdentifier String False

onPremisesSyncEnabled Bool False

preferredDataLocation String False

proxyAddresses String False

renewedDateTime Datetime False

securityEnabled Bool False

unseenCount Int False

visibility String False

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587