ODBC Driver for Exchange

Build 20.0.7587

Calendar_OptionalAttendees

The optional attendees for a particular event. An ItemId must be specified when querying this view.

テーブル固有の情報

Update およびDelete

本製品 では、アイテムの更新および削除にはItemChangeKey が必要です。ただし、ItemChangeKey が不明な場合には、本製品 は自動的にExchange サーバーからこれを取得することができます。 これはクエリ実行にかかる時間を増加させることに注意してください。

挿入

Calendar テーブルでSELECT 処理を実行するとき、本製品 は個別の定期的なイベントをデフォルトで含めません(マスターアイテムのみが含まれます)。 定期的なイベントの個別の繰り返しを参照したい場合、IsRecurring カラムでフィルタリングを行い、Start およびEnd を指定して時間を指定する必要があります。 クエリには次のようなWHERE 句を含む必要があります:

INSERT INTO Calendar_OptionalAttendees (EmailAddress, ItemId, SendMeetingInvitations) VALUES ('johndoe@example.com', 'itemid', 'SendOnlyToChanged')

Columns

Name Type ReadOnly Description
EmailAddress [KEY] String False

ItemId String False

Name String False

Pseudo-Columns

SELECT ステートメントのWHERE 句では、疑似カラムフィールドを使用して、データソースから返されるタプルを詳細に制御することができます。

Name Type Description
ImpersonationUser String

The Identifier of the user to impersonate.

ImpersonationType String

The type of Identifier used for the impersonation user (PrincipalName, SID, PrimarySmtpAddress, SmtpAddress).

SendMeetingInvitations String

The allowed values are SendToNone, SendOnlyToAll, SendOnlyToChanged and SendToAllAndSaveCopy. The default is SendToNone.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587