ODBC Driver for Exchange

Build 20.0.7587

EWS データモデル

CData ODBC Driver for Exchange は、Exchange エンティティをリレーショナルなテーブル およびストアドプロシージャ にモデル化します。これらは、簡単なテキストベースのコンフィギュレーションファイルであるスキーマファイルにて定義されます。

このセクションでは、API の制限および要件について説明します。既定のSupportEnhancedSQL 機能を使って、これらの制限の大半を回避できます。

ストアドプロシージャはExchange のファンクションライクなインターフェースです。これらを使用して、Exchange 内の情報を検索、更新、および変更できます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587