ODBC Driver for Exchange

Build 20.0.7587

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャを使用することにより、データモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData ODBC Driver for Exchange ストアドプロシージャ

Name Description
CreateAttachments Create and add a attachment to an existing email.
GetAttachment Retrieves the indicated attachments.
GetOAuthAccessToken Gets an authentication token from Outlook.
GetOAuthAuthorizationURL Gets the authorization URL that must be opened separately by the user to grant access to your application. Only needed when developing Web apps. You will request the OAuthAccessToken from this URL.
GetUserOofSettings Provides access to the OOF settings of a user. A user is identified by the email address of the user. If the OOF message is null and OOF is enabled, no OOF message is sent.
MoveItem Move messages from one folder to another.
RefreshOAuthAccessToken Refreshes the OAuth access token used for authentication with various Office 365 services.
SendItem Send an email message that is located in the Exchange store.
SendMail Send a new email to the specified recipients.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587