BizTalk Adapter for Exchange

Build 20.0.7587

SELECT ステートメント

SELECT ステートメントは次の基本的な句で構成できます。

  • SELECT
  • INTO
  • FROM
  • JOIN
  • WHERE
  • GROUP BY
  • HAVING
  • UNION
  • ORDER BY
  • LIMIT

SELECT 構文

次の構文ダイアグラムは、本製品 のSQL エンジン:

SELECT {
  [ TOP <numeric_literal> | DISTINCT ]
  { 
    * 
    | { 
        <expression> [ [ AS ] <column_reference> ] 
        | { <table_name> | <correlation_name> } .* 
      } [ , ... ] 
  }
  [ INTO csv:// [ filename= ] <file_path> [ ;delimiter=tab ] ]
  { 
    FROM <table_reference> [ [ AS ] <identifier> ] 
  } [ , ... ]
  [ [  
      INNER | { { LEFT | RIGHT | FULL } [ OUTER ] } 
    ] JOIN <table_reference> [ ON <search_condition> ] [ [ AS ] <identifier> ] 
  ] [ ... ] 
  [ WHERE <search_condition> ]
  [ GROUP BY <column_reference> [ , ... ]
  [ HAVING <search_condition> ]
  [ UNION [ ALL ] <select_statement> ]
  [ 
    ORDER BY 
    <column_reference> [ ASC | DESC ] [ NULLS FIRST | NULLS LAST ]
  ]
  [ 
    LIMIT <expression>
    [ 
      { OFFSET | , }
      <expression> 
    ]
  ] 
} | SCOPE_IDENTITY() 

<expression> ::=
  | <column_reference>
  | @ <parameter> 
  | ?
  | COUNT( * | { [ DISTINCT ] <expression> } )
  | { AVG | MAX | MIN | SUM | COUNT } ( <expression> ) 
  | <literal>
  | <sql_function> 

<search_condition> ::= 
  {
    <expression> { = | > | < | >= | <= | <> | != | LIKE | NOT_LIKE | IN | NOT_IN | IS_NULL | IS_NOT_NULL | AND | OR | CONTAINS | BETWEEN } [ <expression> ]
  } [ { AND | OR } ... ] 
でサポートされている構文の概要を示します。

サンプル

  1. すべてのカラムを返す:
    SELECT * FROM Contacts
  2. カラムをリネームする:
    SELECT [GivenName] AS MY_GivenName FROM Contacts
  3. カラムのデータを別のデータ型としてキャストする:
    SELECT CAST(AnnualRevenue AS VARCHAR) AS Str_AnnualRevenue FROM Contacts
  4. データを検索する:
    SELECT * FROM Contacts WHERE BusinessAddress_City = 'Raleigh';
  5. クエリ条件に一致するアイテムの数を返す:
    SELECT COUNT(*) AS MyCount FROM Contacts 
  6. クエリ条件に一致する一意のアイテムの数を返す:
    SELECT COUNT(DISTINCT GivenName) FROM Contacts 
  7. クエリ条件に一致する一意のアイテムを返す:
    SELECT DISTINCT GivenName FROM Contacts 
  8. データを要約する:
    SELECT GivenName, MAX(AnnualRevenue) FROM Contacts GROUP BY GivenName
    詳しくは、集計関数 を参照してください。
  9. 複数のテーブルからデータを検索する:
    SELECT Customers.ContactName, Orders.OrderDate FROM Customers, Orders WHERE Customers.CustomerId=Orders.CustomerId
    詳しくは、JOIN クエリ を参照してください。
  10. 昇順で結果をソートする:
    SELECT LastModifiedByName, GivenName FROM Contacts  ORDER BY GivenName ASC
  11. 指定した行数に結果を制限する:
    SELECT LastModifiedByName, GivenName FROM Contacts LIMIT 10 
  12. 実行時にインプットに渡すためクエリをパラメータ化する。これにより、prepared statement を作成しSQL インジェクション攻撃を鎮めることができます:
    SELECT * FROM Contacts WHERE BusinessAddress_City = @param
オフラインモードでSELECT ステートメントを使う方法については、明示的なキャッシュ を参照してください。

疑似カラム

SELECT ステートメントで入力専用フィールドを使用できます。これらのフィールド(疑似カラム)は、結果には 通常のカラムとして表示されることはありませんが、WHERE 句の一部として指定できます。疑似カラムを使用して、Exchange から追加機能にアクセスできます。

    SELECT * FROM Contacts WHERE PSEUDO = '@PSEUDO'
    

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587