BizTalk Adapter for Exchange

Build 20.0.7587

ストアドプロシージャスキーマ

ストアドプロシージャは、基底のAPI で使用できる選択、挿入、更新、削除以外のアクションを公開します。

ストアドプロシージャスキーマの使用

ストアドプロシージャスキーマを使用して、要求を生成して応答を検証します。

ストアドプロシージャの実行

送信ポートを使用して、ストアドプロシージャを実行できます。また、受信場所を使用してストアドプロシージャをSQL コマンドとして実行することもできます。受信場所と送信ポートを操作する詳細については、アダプター構成 を参照してください。

以下に、GetAttachment コマンド用に生成されたスキーマを示します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-16" ?> 
<xs:schema xmlns:b="http://schemas.microsoft.com/BizTalk/2003" attributeFormDefault="unqualified" elementFormDefault="qualified" targetNamespace="http://www.cdata.com/ExchangeProvider/2020J" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
  <xs:element name="parameters">
    <xs:complexType>
      <xs:sequence>
        <xs:element name="GetAttachment">
        <xs:complexType>
          <xs:attribute name="AttachmentId" type="xs:string" /> 
        </xs:complexType>
        </xs:element>
      </xs:sequence>
    </xs:complexType>
  </xs:element>
  <xs:element name="table">
    <xs:complexType>
      <xs:sequence>
        <xs:element minOccurs="0" maxOccurs="unbounded" name="row">
          <xs:complexType>
            <xs:sequence>
              <xs:element minOccurs="0" name="Name" type="xs:string" /> 
              
              ...
              
            </xs:sequence>
          </xs:complexType>
        </xs:element>
      </xs:sequence>
      <xs:attribute name="AffectedRows" type="xs:int" /> 
    </xs:complexType>
  </xs:element>
</xs:schema>

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587