ODBC Driver for Highrise

Build 20.0.7587

カスタムOAuth アプリの作成

Highrise は、認証するユーザーにブラウザでHighrise との通信を要求するOAuth 認証標準を使用します。下記で説明するとおり、本製品 はさまざまな方法でOAuth 交換をサポートします。

アプリケーションの作成

https://integrate.37signals.com にログインし、アプリケーションを登録し、OAuth クライアントクレデンシャルであるOAuthClientId、およびOAuthClientSecret を取得する必要があります。CallbackURL の設定も必要です。

アプリ設定のリダイレクトURL を http://localhost:33333 か任意の別のポート番号に設定してください。

デスクトップアプリケーションでHighrise へ認証

次の接続プロパティを設定して、接続してください。

  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • CallbackURL:アプリケーション設定で指定したRedirect URL に設定。
  • AccountId:これは、Highrise へのログイン後にURL からコピーしてください。例えば、インスタンスURL がhttps://MyInstance12345.highrisehq.com/ の場合は、AccountId プロパティを' MyInstance12345 ' に設定します。
接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。本製品 がOAuth プロセスを完了します。
  1. コールバックURL からアクセストークンを取得し、リクエストを認証します。
  2. アクセストークンの期限が切れたときにはリフレッシュしてください。
  3. OAuthSettingsLocation にOAuth 値を保存し、接続の間に維持されるようにします。

Web アプリケーションからHighrise へ認証

次の接続プロパティを設定し、アクセストークンを取得します。

  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • CallbackURL:これをWeb アプリケーション上のユーザーの認証後にリダイレクトするページに設定してください。

Web アプリケーションから接続する場合、または本製品 にブラウザウィンドウを開く権限がない場合は、verifier code とOAuthAccessToken を交換する必要があります。

  1. GetOAuthAuthorizationURL を呼び出します。ストアドプロシージャがOAuth エンドポイントのURL を返します。
  2. ログインして、アプリケーションを認可します。コールバックURL にリダイレクトされます。
  3. verifier code をCallbackURL の"code" クエリ文字列パラメータから取得して、GetOAuthAccessToken を呼び出します。
Highrise にリクエストを投げるには、OAuthAccessToken およびAccountId を設定します。アクセストークンの期限が切れたときは、RefreshOAuthAccessToken を呼び出します。リフレッシュトークンを入力すると、有効なOAuth アクセストークンが返されます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587