JDBC Driver for Highrise

Build 20.0.7587

データモデル

CData JDBC Driver for Highrise は、Highrise API をリレーショナルテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャとしてモデル化します。 このセクションでは、API の制限および要件について説明します。既定のSupportEnhancedSQL 機能を使って、これらの制限の大半を回避できます。

テーブル

CData JDBC Driver for Highrise は、書き込み可能なHighrise API をアクセスしやすいテーブル にモデル化します。ほとんどのテーブルは、シンプルなテキストベースのスキーマファイルにより定義されています。 ただし、Companies、Deals、およびPeople などのテーブルは動的にスキーマ定義されます。接続時に本製品 は、適切なWeb サービスを呼び出して動的にテーブルのメタデータを取得します。

ビュー

ビュー は読み取り専用のテーブルです。通常は、変更ができないデータはビューとして表されます。

ストアドプロシージャ

本製品 は、ストアドプロシージャ を利用可能にし、Highrise のファンクションライクなインターフェースにより、API の追加の機能を利用可能にします。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587