BizTalk Adapter for SendGrid

Build 20.0.7587

静的な一方向の受信場所

以下のセクションでは、静的な一方向受信場所を構成し、それを使用して60秒ごとにSendGrid からデータを取得します。

受信場所の使用

ポーリング間隔でコマンドを実行する場合は、受信場所を使用します。 受信場所は、SQL コマンドを実行して、結果を含むBizTalk メッセージ作成できます。アップデートグラムコマンドを実行する場合は、送信ポートを使用します。

受信ポートの作成

アプリケーションに受信場所を追加するには、最初に受信ポートを追加する必要があります。受信ポートは複数の受信場所からデータを取得できます。

  1. まだBizTalk 管理コンソールでアプリケーションを開いていない場合は、開きます。
  2. アプリケーションで、[受信ポート]を右クリックし、[新規]->[静的な一方向受信ポート]をクリックします。[受信ポートのプロパティ]ダイアログが表示されます。
  3. [名前]メニューで、受信ポートの名前を入力します。

受信場所の作成と構成

受信ポートを作成したら、受信場所を作成し、SendGrid アダプターをトランスポートの種類として使用するように構成します。

  1. [受信場所]を右クリックし、[新規]->[一方向の受信場所]をクリックします。
  2. 新しい受信場所をメンバーとして追加する先の受信ポートを選択します。[受信場所のプロパティ]ダイアログが表示されます。
  3. [名前]メニューで、受信場所の名前を入力します。
  4. [受信場所のプロパティ]の[トランスポートの種類]メニューで、CData.SendGrid を選択します。
  5. [受信パイプライン]メニューで、デフォルトオプションのPassThruReceive を選択します。

アダプターの構成

[トランスポートのプロパティ]ダイアログで、アダプターが実行するコマンドを指定します。

  1. 受信場所のプロパティで、[構成]をクリックします。アダプターの[トランスポートのプロパティ]ダイアログが表示されます。
  2. [SQL コマンド]のプロパティに、コマンドを入力します。この例では、次のコマンドを使用します。
    SELECT * FROM MarketingCampaigns WHERE Id = '17693'
  3. [ポーリング間隔]プロパティを60秒に設定します。

使用できるアダプター構成プロパティについては、 SendGrid Adapter を参照してください。

接続文字列の構成

[接続文字列]オプションダイアログで、資格情報とその他の接続プロパティを設定します。

  1. 受信場所のプロパティで、[構成]をクリックします。アダプターのプロパティダイアログが表示されます。
  2. [ポーリング間隔]オプションを60秒に設定します。
  3. [接続文字列]プロパティのボタンをクリックします。[接続文字列]オプションダイアログが表示されます。
  4. 接続プロパティを入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。

    APIKey=abc123;

  5. [テスト接続]をクリックして、接続値とテスト接続を検証します。

必要な接続プロパティの詳細については、接続の確立 を参照してください。各プロパティとその機能の説明については、 Connection String Options を参照してください。

送信ポートの作成

静的な一方向受信場所が送信ポートで使用できるようになりました。送信ポートは、受信場所によって作成されたBizTalk メッセージと関連付ける必要があります。CData SendGrid アダプターでの送信ポートの使い方については、静的な一方向の送信ポート および静的な送信請求 - 応答送信ポート を参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587