CData Excel Add-In for SendGrid 2019J - Online Help

データの更新

CData Excel Add-In for SendGrid 2019J - Build 19.0.7354

VBA からの接続 を完了したら、マクロからSendGrid を更新できます。次のセクションでは、パラメータ化されたクエリを実行してデータを更新する方法について説明します。完全なマクロについては、パラメータ化されたクエリの実行 を参照してください。

Insert

Insert メソッドを呼び出して、SQL INSERT ステートメントを実行します。
public bool Insert(string queryString, object paramNames, object paramValues)

Insert メソッドはステートメント実行の成功または失敗を示すboolean を返し、次のパラメータを受け入れます。

queryString実行するクエリ。例:INSERT INTO MarketingCampaigns (Subject) VALUES ('March Top 50 football highlights.')
paramNamesクエリで使用される名前付きパラメータを含む配列。パラメータクエリを使用する場合は、必須。
paramValuesパラメータ名に対応する値を含む配列。パラメータクエリを使用する場合は、必須。

次の例では、パラメータ配列で指定された値を挿入し、挿入の成功または失敗を示すメッセージボックスを表示します。

Dim nameArray
nameArray = Array("Subject", "Id")
Dim valueArray
valueArray = Array("March Top 50 football highlights.", "17693")
Dim module As New ExcelComModule
module.SetProviderName ("SendGrid")
module.SetConnectionString ("APIKey=abc123;")
Query = "INSERT INTO MarketingCampaigns (Subject, Id) VALUES (@Subject, @Id)"
If module.Insert(Query, nameArray, valueArray) Then
  MsgBox "The insert was successful."
Else
  MsgBox "The insert failed."
End If
module.Close

Update

Update メソッドを呼び出して、SQL UPDATE ステートメントを実行します。

public bool Update(string queryString, object paramNames, object paramValues)

Update メソッドはステートメント実行の成功または失敗を示すboolean を返し、次のパラメータを受け入れます。

queryString実行するステートメント。
paramNamesクエリで使用される名前付きパラメータを含む配列。パラメータクエリを使用する場合は、必須。
paramValues対応するパラメータ値を持つ配列。パラメータクエリを使用する場合は、必須。

次の例では、パラメータ配列で指定された値を更新し、更新の成功または失敗を示すメッセージボックスを表示します。

Dim nameArray
nameArray = Array("Subject", "Id","Id")
Dim valueArray
valueArray = Array("March Top 50 football highlights.", "17693","16500")
Dim module As New ExcelComModule
module.SetProviderName ("SendGrid")
module.SetConnectionString ("APIKey=abc123;")
Query = "UPDATE MarketingCampaigns SET Subject=@Subject, Id=@Id WHERE Id=@Id
If module.Update(Query, nameArray, valueArray) Then
  MsgBox "The update was successful."
Else
  MsgBox "The update failed."
End If
module.Close

Delete

Delete メソッドを呼び出して、SQL DELETE ステートメントを実行します。
public bool Delete(string queryString, object paramNames, object paramValues)

Delete メソッドはクエリの成功または失敗を示すboolean を返し、次のパラメータを受け入れます。

queryString実行するクエリ。例:SELECT Title, Subject FROM MarketingCampaigns WHERE Id = '17693'
paramNamesクエリで使用される名前付きパラメータを含む配列。パラメータクエリを使用する場合は、必須。
paramValuesパラメータ名に対応する値を含む配列。パラメータクエリを使用する場合は、必須。

次の例では、キーで指定されたレコードを削除し、削除の成功または失敗を示すメッセージボックスを表示します。

Dim module As New ExcelComModule
module.SetProviderName ("SendGrid")
module.SetConnectionString("APIKey=abc123;")
Dim nameArray
nameArray = Array("Id")
Dim valueArray
valueArray = Array("16500")
Query = "DELETE FROM MarketingCampaigns WHERE Id='16500'"
If module.Delete(Query,nameArray,valueArray) Then
  MsgBox "The delete was successful."
Else
  MsgBox "The delete failed."
End If 
module.Close

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0